近年問題となっている難防除雑草

近年問題となっている難防除雑草

近年、畦畔から水田へと侵入する難防除雑草が増加しています。中でもイボクサ、アシカキはその代表的な雑草。
イボクサは発生後、土の表面を這うように茎葉を伸ばし、節から根を出して本田内にも広がります。アシカキは、東北以南の畦畔で普通に見られる多年生イネ科だが、本田にも侵入します。また、水深が浅いところで発生するクサネムは、種子をつけると収穫時に玄米にまで混入して等級を低下させるので問題となります。