ウンカのまめ知識 セジロウンカ

葉鞘褐変、生育抑制を引き起こす「夏ウンカ」

セジロウンカ成虫

[特徴]
7〜8月に多発生することから「夏ウンカ」と呼ばれています。体の大きさは3〜4mm程度で、背中に白い紋があるのが特徴です。主な餌植物がイネに限られるため、日本では冬を越せません。

[飛来のしかた]
毎年、梅雨時期の6〜7月に中国大陸南部などから下層ジェット気流に乗って日本に長距離飛来します。飛来数は九州などの西日本ほど多い傾向にありますが、年によっては東北あたりまで飛来します。

[被害について]
飛来したセジロウンカは水田で1〜2世代増殖してイネを加害します。多飛来した場合に葉鞘の産卵部位が褐変化して生育抑制が起こったり、多発した場合には排泄物にすす病が発生する被害が出ます。

葉鞘に産まれた卵

幼虫

産卵による葉鞘褐変

多発生によるすす病
の被害

×閉じる