病害虫・雑草防除ガイド - 農作業の安全講座
3

残留農薬基準について

農作物中に残留する農薬の残留基準を規制する
しくみが変わりました。

平成15年の食品衛生法改正に基づき、農作物等食品中に残留する農薬について、決められた一定の量を超えて残留する農作物等の流通や販売を原則として禁止するという、食の安全、安心をより高めようとする新しい制度(ポジティブリスト制度)が5月29日から施行されました。これは、農作物中に一定基準量の残留*を認めるものを農薬と作物の組み合わせごとに基準を設定し一覧表(リスト化)にしたものです。

ちなみにNSH剤のプリグロックスLの有効成分(パラコートジクワット)とタッチダウンiQの有効成分(グリホサート)の残留基準は、HP掲載されています。全ての作物に国際基準値が採用設定されています。

この制度の導入により、使用農薬の適用のない作物への使用範囲が広がることはありませんし、これまでどおり農薬取締法に基づき登録された農薬の適用作物にしか使用できません。

新制度に向けた農薬使用者の取り組みは、
先ず農薬使用基準の遵守から!

この制度の施行後も、これまでどおり、農薬使用基準(農薬の製品ラベルに表示された使用方法)を守って農薬を使用すれば、その農薬の対象作物については、残留基準を超える心配はありません。農薬使用基準を守って、適正に使っていただくことが肝要です。

残留農薬に関する新しい制度は、食品中の農薬の検査や検査結果の提出を義務付けるものではありません。食品に残留する農薬については、農産物の生産段階において適正な使用や管理を行う事が重要で、何かあったとき、すぐに問題の原因までたどれるようにして散布記録(トレーサビリティ、栽培履歴の採用等)を取っておくことがのぞまれます。

ただ、登録のある適用作物に適正に散布したつもりが、隣接する周辺農家の作物に“飛散(ドリフト)”することが想定され、収穫物の安全確保の観点から一層のドリフト防止対策が求められています。そのため農薬を使う時は、周辺農家にその旨を伝えるなど普段からうまくコミュニケーションを保っていただくようお願いしたいものです。

NSH剤のプリグロックスL、タッチダウンiQでも
ドリフト防止対策が最重要課題です

皆さんに使って頂いているNSH剤であるプリグロックスLやタッチダウンiQは、非選択性接触型の代表的な除草剤で、雑草の葉緑色部にかかれば枯れる性質をもっています。散布ミスから作付けの農作物にかかると逆に激しい薬害を生ずることになるため、日頃から、風の強さや風向きなどに十分注意を払って低圧で散布し、間違っても高圧によるミスト散布は周辺作物への薬害と散布者への危害防止のために絶対にしないようお願いしてきました。

飛散を完全に防ぐ事はなかなか難しいものです。そのため飛散害のリスクを技術的に工夫して、出来るだけ少なくするよう対策を実施することが重要です。

プリグロックスL、タッチダウンiQの果樹園地下草除草などには、舞い上がりや飛散が少ないドリフト軽減ノズル(ヤマホ工業のキリナシノズル)の使用が最適です。また、ドリフト防止カバー(ヤマホ工業のサマーラック)は、カバーがあることによって更に飛散のリスクを抑え、ドリフトが殆ど防止でき、より安全です。適用可能な野菜畑の畦間や水田畦畔の雑草除草に最適です。(下図:ヤマホ工業(株)提供 参照)

  • ドリフト防止カバー

    ドリフト防止カバー
    【提供:ヤマホ工業(株)
    サマーラック(人力用)】

    ドリフト防止カバー
    【提供:ヤマホ工業(株)
    サマーラック(動力用)】

  • ドリフト軽減ノズルの噴霧状況

    ドリフト軽減ノズルの噴霧状況
    【提供:ヤマホ工業(株)
    キリナシ除草2頭の噴霧】

また、プリグロックスLやタッチダウンiQの使用後は、散布機具に薬液が残っていないことを確認し、必ず散布機具の入念な洗浄と点検を十分にしていただき、次作物への薬害や残留基準オーバーの原因とならないよう努めてください。

* 残留農薬の基準には、「残留農薬基準」、「暫定基準」、「一律基準」の3つがあり、表現としては“暫定”、“一律”としていますが、規制については食品規格に定める基準で、残留農薬基準とは差異がありません。リストで数値の記載がない作物には一律基準(0.01ppm)が適用されます。

《参考》 一律基準の根拠は何?

一律基準は、基本的に、使用する農薬が認められていない農産物などに残留する場合に適用されるものです。その設定に当たっては、FAO/WHO合同専門家会議、米国FDA等の香料や間接添加物などに関する安全性評価を準用して、人が一生涯にわたり摂取した場合においても安全を確保できる量、即ち1.5μg/1日を根拠としています。わが国の国民の食品摂取量のうち150gを超えるものは米のみである事から、食品の摂取量を150gとして 1.5(μg)/150g=0.01μg/g(=ppm) から導かれます。

ページの先頭へ戻る