畑作お役立ち百科事典
大豆のまめ知識!

トップへ

大豆の 雑草防除について 除草・病害虫 防除のポイント 産地別に見る 雑草・病害虫

大豆の雑草・ 害虫・病害図鑑

産地別に見る雑草・病害虫

北海道 東北・北陸・関東 東海・近畿・中国・四国 九州

東海・近畿・中国・四国

雑草

温暖なこのエリアでは、地域によって発生状況が違いますが、タデ類やカヤツリグサ、メヒシバなどのほかに、アサガオ類などの帰化雑草が問題となっています。
カヤツリグサ
カヤツリグサ

害虫

初期に加害するタネバエ、葉を食害するハスモンヨトウ、葉や芽などを吸汁するアブラムシ類、莢・子実を食害するフタスジヒメハムシ、シロイチモジマダラメイガ、マメシンクイガ、マメヒメサヤムシガ、ダイズサヤタマバエ、莢を吸汁するカメムシ類などが問題になります。

ジャガイモヒゲナガアブラムシ
ジャガイモヒゲナガアブラムシ
フタスジヒメハムシ
フタスジヒメハムシ
カメムシ類
カメムシ類

病害

紫斑病、茎疫病、アブラムシ類によって媒介するウイルス病があります。

紫斑病
紫斑病
茎疫病
茎疫病
大豆の加工用途
中国・四国の主流品種「サチユタカ」は豆腐に最適
2005(平成17)年産の食品用大豆 用途別使用量ベスト7
大豆の加工用途で1番多いのは豆腐・油揚です。タンパク質含量が高いフクユタカ、エンレイ、リュウホウが主に使用されています。次に多い味噌では、タマホマレ、キタムスメなどが用いられ、3番目となる納豆では、小粒でかたちのよい納豆小粒、スズマルなどが使われています。
ちなみに中国・四国で多く作られるサチユタカは豆腐に最適で、いくつかの県では奨励品種に採用されています。
味噌、醤油は総合食料局消費流通課調査、その他のものについては総合食料局食品産業振興課推計より
北海道 東北・北陸・関東 東海・近畿・中国・四国 九州
<< 前のページ >> 次のページ
大豆の 雑草防除について 除草・病害虫 防除のポイント 産地別に見る 雑草・病害虫 大豆の雑草・ 害虫・病害図鑑
ページの先頭へ戻る