畑作お役立ち百科事典
畑作殺虫剤の上手な使い方!

トップへ

畑の害虫を上手に防除するポイント 主要害虫の特徴と防除ポイント 殺虫剤の使用ポイント

主要害虫の特徴と防除ポイント(北海道の事例)

ヨトウムシ

特徴と生態

年2回の発生で、北海道での幼虫期は6月下旬〜7月中旬、9月上旬〜9月下旬。若齢幼虫は緑色で、老齢になると黒化して体長は30mmほど。中位葉裏の卵塊から孵化した幼虫は、体長5mmくらいまでは集団ですが、食痕が小さいため見つけるのが困難です。
3齢以降には、付近の株にほぼ均等に分散して葉を食べるので、食害株率によって被害の少なさを予測できます。幼虫の生育中期の被害株率が50%以下では実害につながりません。

被害

実害は、株あたりの葉の損失率が30%以下では軽微。
1回目幼虫の被害は根重に影響を及ぼし、2回目幼虫の被害は再生葉の出現により根中糖分に影響します。

ヨトウムシ
ヨトウムシ
チエフクロウの防除ポイント
中齢以降の幼虫は移動しつつ食害するので、高濃度少水量散布のように薬剤散布のムラがあっても、防除効果は低下しません。
食害を見てから残効性が長めの薬剤を散布すると、1回の防除で済むので、資材の節減につながります。

残効性の長い薬剤であれば、軽微な食痕を見てからの散布でOK!

テンサイトビハムシ

特徴と生態

成虫は3mm程度の黒い甲虫で、葉の表面を点状に食害し、とび跳ねるのが特徴。
5月上旬ごろから圃場外の越冬成虫が飛来し始め、5月下旬に虫数・食害程度が最大に。幼虫はてんさい圃場では生育できません。

被害

5月中に、成虫の食害による葉面積率が大きいと生育が遅れます。移植てんさいでは、このような事例はまれで、一般に被害は軽微。
直播の場合には、発芽直後の子葉が欠失することも多く、欠株となりやすいので注意が必要です。

テンサイトビハムシ
テンサイトビハムシ
チエフクロウの防除ポイント
移植の場合は、常発地での多発時以外では予防措置は不要。食害の経過を見ながら、薬剤散布による防除を検討しましょう。
直播では、発芽直後からの食害防止が必要なので、常発地では薬剤の種子処理が確実で効率的と言えます。

移植栽培では、予防は不要。直播栽培では、種子処理が効率的ですよ!

※記事監修:鳥倉英徳(元・北海道病害虫防除所長)
<< 前のページ >> 次のページ

殺虫剤サイハロン乳剤証言レポート

詳しくはこちら

畑の害虫を上手に防除するポイント 主要害虫の特徴と防除ポイント 殺虫剤の使用ポイント
ページの先頭へ戻る