畑作お役立ち百科事典
畑作殺虫剤の上手な使い方!

トップへ

畑の害虫を上手に防除するポイント 主要害虫の特徴と防除ポイント 殺虫剤の使用ポイント

殺虫剤の使用ポイント

殺虫剤の使用ポイント

※生育期はマッチ乳剤、エンセダン乳剤、サイハロン乳剤、その他の系統の薬剤とのローテーションで散布。

初期段階はアクタラ顆粒水溶剤、生育期はマッチ乳剤、エンセ ダン乳剤、サイハロン乳剤などのローテーションで害虫を防除!

適用害虫

ヨトウムシ

ヨトウムシ

非常に広食で、多くの野菜の主要害虫である。幼虫が加害し、葉表に多数の白い被害痕が現れる。

カメノコハムシ

カメノコハムシ

幼虫が7mm程度、成虫が8mmほどの体長になる。幼虫・成虫ともに食害する。

アシグロハモグリバエ

アシグロハモグリバエ

幼虫は3.5mm程度で黄白色の体を持ち、葉肉を線状に食害する。成虫は2mmほどで脚が黒ずんでいる。

テンサイトビハムシ

テンサイトビハムシ

銅色の甲虫で、体長は2mm程度。出芽直後に飛来し、丸い食害痕をあける。

<< 前のページ >> 次のページ

殺虫剤サイハロン乳剤証言レポート

詳しくはこちら

畑の害虫を上手に防除するポイント 主要害虫の特徴と防除ポイント 殺虫剤の使用ポイント
ページの先頭へ戻る