デジタルコラトップアクタラ箱粒剤

®はシンジェンタ社の登録商標です。

  • 適用表
  • SDS
  • 体験レポート

製品体験レポート


喜多方市 安藤正弘さん

見事に穂いもちを抑えたよ。いもちが出やすい砂地の圃場でもね。

福島県喜多方市 安藤 正弘さん(53歳)
プール育苗で健全な苗の育成に取り組むベテラン専業農家。水稲6ha(コシヒカリ、ひとめぼれ)、アスパラガス40aなどを作付。出荷は全量JAへ

独自の動噴アタッチメントでムダなくムラなく薬剤を散布

喜多方市の安藤正弘さんは、2年前から疎植栽培に取り組んでいる。
通常坪当たり70株のところを、一部の圃場では坪当たり50株で植える ので、分けつしやすく、一株一株が大きく育つという。
育苗の床土代や農薬代も削減できる上、収量も通常とほとんど変わらないそうだ。
しかし、それも適正な 病害虫防除がなされていないと、台無しになってしまうことは言うまでもない。
安藤さんはそれまで使っていた箱粒剤の耐性菌の問題で、2年前からデジタルコラトップアクタラ箱粒剤(以下、デジコラアクタラ)に切り替えた。その効果が特に顕著に現れたのは昨年のこと。
「まわりの圃場では穂いもちが発生している状況だったんだけど、うちの圃場は全然大丈夫だったんだよね。しかもさ、普段はいもちが発生しやすい砂地の圃場があるんだけど、そこでも見事にいもちが出なかったから、これはいいぞと思ってね」。
デジコラアクタラの散布にも安藤さんの工夫が凝らされている。
動噴のノズルの先端に雨どいを使って自作したアタッチメントを装着し、真下に薬剤が落ちるようにした。
さらに、育苗箱の両脇に板を立てて、動噴の散布時に薬剤が外へこぼれないようにしている。
これで、規定量の1箱当り50gがロスなく動噴で散 布できるわけだ。
安藤さんの集落では、ホタルの餌となる"かわにな"が増えてきたからだろうか、ここ最近水田のまわりにホタルが戻ってきた。
デジコラアクタラなどの水生生物に影響のない薬剤を使用していくことで、環境改善に微力ながら貢献できればいい、と安藤さんは微笑む。

生産者の感想の多くは"穂いもちまで効く残効の長さ"

JA会津いいでの赤城係長と、喜多方市の安藤正弘さん

JA会津いいでの赤城係長と、 喜多方市の安藤正弘さん

"残効が長い"それが、今まで使ってもらった生産者から多く聞かれた感想、と語るのはJA会津いいで 営農センターの赤城係長だ。
「最近、会津エコ米をつくっている方が多くなってきたので、チッソ分を控えている関係上、いもちは出にくくなってきました。しかし、その条件である減農薬を実現するためには、効果の高い箱処理剤は必須です。デジコラアクタラは残効が長いので、通常では追加防除はいらないというイメージがありますね」。
赤城係長が2haある自宅の圃場でデジコラアクタラを試験したときも、穂いもちの防除効果が高いということを実感している。
今後も会津エコ米を中心に、デジタルコラトップアクタラ箱粒剤の需要は伸びるだろう、と赤城係長は予測する。

>> デジタルコラトップアクタラ箱粒剤の製品詳細はこちら

ページの先頭へ戻る