アミスター20フロアブル

®はシンジェンタ社の登録商標

  • 適用表
  • SDS
  • 体験レポート

製品体験レポート


釈迦郡 栄二さん

重要病害の褐斑病をしっかり予防。
いろんな病害に効く万能型だね。

 

宮崎県西都市 釈迦郡 栄二さん(52歳)

「大事なのはやはり病気を出さないようにすることに尽きるね」ときゅうり栽培のポイントについて話すのは、宮崎県のJA西都ハウスきゅうり部会に所属する釈迦郡栄二さん。抑制きゅうり20a、促成きゅうり20aを手がけていらっしゃいます。
 特に褐斑病は重要病害で、広がりだすと3~4日で圃場にまん延してしまう、といいます。まずべと病が発生し、その後、褐斑病に発展するパターンが多いのだとか。
 「まず、べと病を出さないようにするには、肥料切れを起さないこと。葉面散布剤を使って厚みのあるしっかりした葉っぱをつくることだね」。
 べと病、褐斑病が最も発生しやすいのが、最初に摘心した後。樹勢がいったん弱まったときが危ない、と釈迦郡さん。このタイミングで、アミスター20フロアブルを予防散布するのが10年前からの定番でしたが、5年前からはアミスターオプティフロアブル(以下、アミスターオプティ)に切り替えました
 「いまは、1作に2回アミスターオプティを散布してるんだけど、褐斑病とかべと病の予防効果が高いね。しっかり抑えてくれるから安心なんだ」。
 また、アミスターオプティは、適用病害が幅広いので、殺菌剤の散布回数も減っている、と釈迦郡さん。
 「アミスターオプティは、いろんな病気に効いてくれる万能型って感じ。だから、殺菌剤を2剤混用していたところ、1回で済んじゃったりするから、助かっちゃう」。
 アミスターオプティはローテーション防除の柱、と語る釈迦郡さん。収穫された早熟栽培と雨よけ栽培の見事なきゅうりが、その品質の高さを物語っていました。

 

ページの先頭へ戻る