アファームエクセラ顆粒水和剤

®はシンジェンタ社の登録商標
アファームは農家の常備薬

  • 適用表
  • SDS
  • 体験レポート

製品体験レポート


残効性と、葉裏までいきわたる効果。
期待してますよ、非結球レタスにも。

長野県南牧村 高見澤賢丈さん

ご両親や5名の専従スタッフとともに営農。レタス8.5ha(品種:スターレイ、パスポート、エスコート、ルシナ66、ラプトルなど)、はくさい8.5ha、非結球レタス1.5ha(サニーレタス、リーフレタス)、グリーンボールを作付。

レタスも人間も、小さいときが大事!?


JA長野八ヶ岳管内で葉菜類を幅広く手掛け、地域からの期待も高い担い手の高見澤賢丈さんの圃場をおたずねしました。
高品質なレタスのための条件は「育苗」と「防除」。そして発芽勢の管理が重要、とおっしゃいます。

「人間は子供の時のしつけが重要ですよね? それと同じで、レタスも定植するまでがひとつの勝負です。いかに発芽の揃いを良くして健苗に仕立てるかが重要ですね」。

効果が長いし、殺卵効果も助かります

育苗ハウスで生長するレタス苗

育苗ハウスで生長するレタス苗

農業は教科書通りにはいかない──そう語る高見澤さんは、就農した年から防除を任されましたが、防除適期を逃すなどの失敗で1年目にはレタス30a程度の損失を出したのだとか。この経験から、防除の重要性を再認識したと言います。
高見澤さんは、今年5月からアファームエクセラ顆粒水和剤(以下、アファームエクセラ)を採用
レタスの結球始期に散布していらっしゃいます。

「アファームエクセラを採用した理由ですか? 浸達性と残効性ですね。大事な結球始期では、しっかり葉裏までいきわたる浸達性で、葉裏に隠れたオオタバコガやナモグリバエを防除してくれる。残効性の面では、慣行の薬剤よりも効果が長いので、その分減農薬につながってると思います。それと、二毛作の圃場だと前作の残渣や土に害虫の卵が残ってたりするので、殺卵効果があるのも助かりますね」。

アファームエクセラを採用した理由はもうひとつあるんです──と高見澤さん。
それは、今年3月に非結球レタスにも登録が取れたこと。

「うちはサニーレタスやリーフレタスもつくってる。これから夏に向かって害虫が増えてくるから、非結球レタスにも使えるのは助かります」。

就農して8年目。父親の顔に泥は塗れない──だから日々勉強の連続です、と高見澤さん。
期待の担い手は、今日もレタスづくりに精を出します。

2015年7月現在

アファームは農家の常備薬

ページの先頭へ戻る