アミスター20フロアブル

®はシンジェンタ社の登録商標

  • 適用表
  • SDS
  • 体験レポート

製品体験レポート


天間 忠幸さん

さび病を抑えてくれるから 葉も玉も健全に育つ。
おかげで、さび病の防除回数は半減したよ。

青森県上北郡七戸町 天間 忠幸さん(64歳)

にんにくを手がける青森のベテラン農家 天間忠幸さんの 圃場をおたずねしました。にんにくの栽培面積2.6haのうち、1.7haは特別栽培、残りの90aは採種圃場です。管内の生産農家に供給される種にんに くは、9月下旬から10月上旬に植え付け、除草剤を散布して越冬したのち、4月上旬から10日に1回程度の病害虫防除、6月末から7月上旬に収穫を迎えま す。
 いいにんにくづくりは「土づくり、健康な種にんにく、適切な病害虫防除」の3つが大事、と天間さん。
 「定期的に土壌診断してもらって、その圃場ごとの施肥設計をしてるんだ」。
 そんな天間さんが力を入れているのが、健康な種づくり。そのために採種圃場では、適切な殺菌剤選びが問われます。天間さんは、5~6年前からアミスター20フロアブル(以下、アミスター20)を使用。採種圃場では、5月下旬と6月中旬に1回ずつ、さび病を対象として2000倍液を10aあたり150L動噴で散布していらっしゃいます。
 「初めて使った時にはすごいなと思った。目に見えて効果を実感したよ」と語る天間さん。
 「さび病をばっちり抑えて、葉が元気よくなるから玉が健全に育つんだ。アミスター20導入以来、さび病の心配はしたことないね」。
 以前は、さび病を対象に、5月下旬から5~6回程度殺菌剤を散布していたという天間さん。
 「アミスター20なら効果が高く、残効も長いのでさび病防除はアミスター20を2回で十分だね」。
 おかげで今年もいいにんにくが収穫できそう、と思わず表情がほころぶ天間さんでした。

 

ページの先頭へ戻る