アファーム乳剤

®はシンジェンタ社の登録商標
アファームは農家の常備薬

製品体験レポート


20年にわたり愛用。3つの問題害虫を同時防除できるから便利です。

高知県安芸市 丸田昭彦さん
250名ほどが所属するJA土佐あき 園芸研究会で4年前まで会長を務め、現在は顧問に就任。なす36a(土佐鷹、慎太郎)、水稲40aを作付。

天敵導入で減農薬を推進

左よりJA全農こうち 営農肥料農薬部の大野弘登さん、丸田昭彦さん、JA土佐あき 営農経済部営農指導課の西岡和則さん

左よりJA全農こうち 営農肥料農薬部の大野弘登さん、
丸田昭彦さん、
JA土佐あき 営農経済部営農指導課の西岡和則さん

なすの生産量が国内トップを誇る高知県。
JA土佐あき管内産のなすは、その生産量の約9割を占めていらっしゃいます。
管内でなすを手がけ、数年前から環境測定装置、炭酸ガス発生装置など環境制御技術を導入しているという丸田昭彦さんにお話を伺いました。

「導入後しばらくは圃場ごとの最適な温・湿度のカスタマイズなど試行錯誤が続きましたが、昨年は単収が2割程度アップしました」と言います。

天窓開閉や灌水の自動化により、摘芯・摘葉などの時間を増やせたことも収量・品質アップに役立っているのだと言います。
また、病害虫防除の面では、15年前から天敵導入を進めてきた同JA。
試行錯誤の末、現在はスワルスキーカブリダニとタバコカスミカメの導入により、害虫の防除を行うことで減農薬に努めていらっしゃいます。

散布翌日には殺虫効果

丸田さんは、発売当初の20年前からアファーム乳剤を愛用
定植前のポット苗に対して1回、定植後のスワルスキーカブリダニ放飼前に1回、アファーム乳剤を散布。
秋口のフザリウム立枯病予防にはセイビアーフロアブル20も使用しているそうです。

「育苗期は夏場なので、アザミウマ類などの飛び込みが多い。アファーム乳剤は、3大問題害虫のチャノホコリダニ、ハスモンヨトウ、アザミウマ類を同時防除できるので便利ですね。あと、散布翌日には速効防除できるので安心感につながります。定植後の天敵導入前の本圃では、アファーム乳剤で害虫密度をぐっと下げておいて、あとは天敵だけで害虫を抑えるのが基本です」と丸田さんは言います。

「環境制御技術とスマートフォンは親和性が高いので、若い世代の方々にもっと農業参入してほしい」と話すJA土佐あきの西岡さんと丸田さん。

若い就農者を呼び込むための取り組みにも熱心に取り組んでいらっしゃいます。

2018年05月現在


ページの先頭へ戻る