デジタルコラトップアクタラ箱粒剤

®はシンジェンタ社の登録商標です。

  • 適用表
  • SDS
  • 体験レポート

製品体験レポート


「効くね」という話が広がって、管内では9割がユーザーです。

福島県平田村 JAあぶくま石川 平田営農生活センター 西山 一徳さん(45歳)
平田営農生活センター管内の生産者に対しての営農指導を担当。自宅では水稲60a(チヨニシキ、ふくみらい)を作付。

エコファーマーの取得と同時に高品質チヨニシキを推進中

JAあぶくま石川が昨年から取り組んでいるプロジェクトがある。それが「高品質チヨニシキ」だ。チヨニシキは元々酒米だが、食用米としても味がいい。従 来のチヨニシキに付加価値をつけて販売してみてはどうか、という発想がプロジェクトの始まりだ。まず、化学肥料を抑えたチヨニシキ専用の有機肥料を使用す ること。そして選別機の網目を1・85mmから1・9mmに統一して整粒歩合を高めること。これらの条件の下、まだ一部ではあるが管内のエコファーマー取 得生産者に作付をお願いしている。
同JAの平田営農生活センターでは、チヨニシキ生産者全員のエコファーマー取得を目指しており、昨年は11人がその資格を取得した。また、管内3地区での集落営農組織設立もすすめていて、後継者不足が深刻化する中、担い手への土地集積も着実に実を結びつつあるようだ。

防除効果の高さはもちろん、その省力面を試験で実感

西山 一徳さん

ここ福島県の平田村では平成15年まで、有人ヘリコプター防除が行われていたが、その代替として村の病害虫防除団が選定した箱処理剤のひとつがデジタルコラトップアクタラ箱粒剤(以下、デジコラアクタラ)だった。平成16年にはじめてデジコラアクタラを使用した生産者の間で「デジコラアクタラは効くね」という話が広がり、それ以降管内の9割がデジコラアクタラのユーザーとなった。その効果の印象について、JAあぶくま石川 平田営農生活センターの西山一徳さんは、こう語る。
「デジコラアクタラの導入前に、10ヵ所の展示圃で試験をしたんですが、ちょうどその年はいもちが大発生した年だったにもかかわらず、展示圃のイネは被 害がありませんでした。一部にわずか病斑が出た葉もありましたが、茶色の病班のフチが白く変色していて、それ以上病斑が広がるのを止めていたんです。普及センターの方が"この薬剤の効きめはすごいな"って驚いていましたね」。
西山さん個人の圃場でもデジコラアクタラが活躍しているそうだ。よほどのことがない限り、本田防除はしないで済むという。
「圃場や気象状況に応じて、穂いもち対策の本田防除を指導するようにしていますが、規定量の一箱あたり50gをきちんと無駄なくまけば、デジコラアクタラ1回で穂いもちまで抑えられますね」。
葉いもちや穂いもちの本田防除の場合、雨が続くと、散布するのが遅れたり、水田の水があふれて薬剤の効果が薄れたりするので、箱処理しておくのが確実な防除法、と強調する西山さん。彼に対する生産者からの信頼は厚い。

>> デジタルコラトップアクタラ箱粒剤の製品詳細はこちら


ページの先頭へ戻る