世界に通用する農業・持続可能な農業の実現に向けて

食市場のグローバル化と農畜水産物認証の動向

2015/05/27(水)

「食市場のグローバル化と農畜水産物認証の動向」「輸出拡大とオリンピックで求められる持続可能な農畜水産業と国際認証」という2つのテーマで開催された「2014年度GAPシンポジウム」。
各分野の専門家による講演、質疑応答、パネルディスカッションを通じて"食の未来"を紐解きます。


初日のテーマは「食市場のグローバル化と農畜水産物認証の動向」。

最初に講壇に上がったのは農林水産省生産局農産部技術普及課のご担当者。
GLOBALG.A.P(以下、GAP)の定義、取り組みの概要、導入メリットの説明に始まり、日本におけるGAPの現状とさらなる推進に向けた施策について講演。
「国としてGAPにどう取り組むのか」という点に注目が集まるなか、いくつかの具体的な計画を解説されました。
GAPの導入産地は増加しているが、取組内容の異なるGAPがさまざまな主体により実施されている。
これを解決するため、一定水準以上のGAPを実践するためのガイドラインを作成・普及させ、活用を働きかける。


輸出環境の整備に向けたGAPの推進

輸出の際に食品の安全性を担保するための手段としてGAPの認証を求められることがあることから、輸出を目指す農業者・産地に対して効果的なGAPの認証取得の促進および支援を行なう。


ICT※1を活用したGAPの高度化支援事業

記帳作業の負担を軽減するため、ICTやクラウドサービス※2を活用したGAP取得を支援。
具体的には、ICT技術やGAPの知識を習得する研修会の開催、クラウドサービス利用料およびGAP認証取得費を支援する。
これらの事業により、国際的に通用する農畜水産業の実現に向けて取り組む姿勢を語られました。

  • 寺原正紘氏

    寺原正紘氏

続いて、海外の食品流通事情に精通する寺原事務所の寺原正紘氏が、アメリカの食品安全強化法の最新動向と日本とのかかわりについて講演されました。
中心となるテーマは、2011年にオバマ大統領により公布された食品安全強化法「FSMA」※3。
科学的な予知・予防管理システムによる検証の義務化、検査官による査察の強化、第三者監査の導入など、アメリカが取り組む食品安全強化に向けた具体的な内容について解説されました。
また、この法令の施行により、アメリカ国内の輸入食品販売業者には輸入した食品が食品安全上の基準を満たしていることを証明する義務が課せられるようになり、アメリカを食品輸出国の第2位とする日本においても、食品の安全を担保する体制づくりはさらに重要になっていることを力説されました。

  • 浅川知廣氏

    浅川知廣氏

同じく海外の食市場ついて講演されたのが、米国大使館商務部水産専門官の浅川知廣氏。 主要食用水産物輸出国で日本が第1位(2009年度)となっているアラスカ州での事例をもとに、持続可能な水産業に向けた取り組みについて講演されました。


  • 田上隆一氏

    田上隆一氏

この日最後に講壇へ上がったのは、一般社団法人日本生産者GAP協会の理事長を務められている田上隆一氏。 まずは日本におけるGAPの課題として、いくつかのポイントを列挙されました。

・農業者が遵守すべき規範がつくられていない
・点検項目の内容について充分に理解されていない
・点検の結果から必要な改善が行われていない
・推進者にも実施者にもGAPの意義が理解されていない

これらの課題から気づかされるのは、GAPに対する意識の問題。
田上氏も「GAPとはあくまでも農業者が"自発的に"農業をより良くするよう取り組むもので、決して"規制する"ものではない」と語ります。
また、GAP先進国である欧米の環境担当専門家のコメントをもとに「GAP規範は実践的・技術的なガイダンスがよい。
農業者が自分に合ったやり方を採択できるよう選択肢を与えるべき」という具体的な解決策にも言及。
今後、日本がどのようにGLOBALG.A.P.に取り組むべきかという道筋を示唆されました。

※1 Information and Communications Technologyの略。情報・通信に関する技術の総称。
※2 従来は自分のパソコンで利用していたデータやソフトウェアを、ネットワーク経由で提供するサービス。
※3 FSMA(Food Safety Modernization Act)。食品危害に対する予防管理の強化、危害発生の場合の対応の強化、輸入食品の安全対策の強化に向けて、2011年にアメリカで施行された食品安全現代化法。


世界に通用する農業・持続可能な農業の実現に向けて
輸出拡大とオリンピックで求められる持続可能な農畜水産業と国際認証

2015年05月27日掲載

野菜種子事業

野菜種子

会社情報・お問い合わせ

シンジェンタの企業情報
よくあるご質問
お問い合わせ

ソーシャルメディア

ページの先頭へ戻る