ジュリボフロアブル

®はシンジェンタ社の登録商標


ジュリボ(R)フロアプル

製品の特長

ジュリボ(R)フロアブルの優れた特長 上手な使い方(苗シャワー※処理)
キャベツでの上手な使い方 はくさいでの上手な使い方
レタスでの上手な使い方 比較試験結果
上手な使い方ムービー 作用メカニズム
成分・性状、安全性 サンプルモニター体験レポート

サンプルモニター体験レポート

キャベツ・はくさい・レタス栽培を行う農家の皆様を対象にした、 サンプルモニターの皆様から、大きな反響の声をいただきました!

体験者の声

・以前からキャベツには、定植前に薬剤処理はしていましたがどれも効果は約2週間程度で、秋の加工用キャベツと冬キャベツの定植の間に必ず殺虫剤を散布していました。このジュリボフロアブルは、約1ヶ月の効果もあり定植の間の薬剤散布もなく非常に楽でした。それに今年は、コナガ・アオムシなど多かったのですがその被害もなくいつもより薬剤散布の回数も減って薬剤費用も少なくてすんでよかったです。(秋田県 栽培作物:キャベツ)

・8月14日播種 キャベツ(マスダ305号)9月14日定植 ジュリボ散布200倍10月10日まで虫食いは10株ほどありましたが、ハイマダラメイガによる食害はありませんでした。この時期にほとんど食害がないのは、今までの農薬にはありませんでした。また1か月、消毒をしなくてよいのは何よりも助かりました。来年からもジュリボを使用したいと思います。(静岡県 栽培作物:キャベツ)

・「苗シャワー1回で、定植後約1ヶ月間、高い防除効果が持続する」を半信半疑でしたが、9月8日定植のキャベツに試用してみました。例年では、定植後からアオムシ、ヨウトウムシ等の被害で農薬散布に気を使っていましたが、今年は約40日を過ぎても、これと言った被害が見られませんでした。(群馬県 栽培作物:キャベツ)

・9月11日にキャベツを定植し、1ヶ月様子を見ました。1000株のうち1株程度がアオムシ・コナガの被害がありました。0.1%程度ですので、十分な効果があったと思います。これからも使用していきたいと思います。(栽培作物:キャベツ)

・使用当初は「こんなに少量・省力で本当に大丈夫かなぁ」と不安だった。が、実際にジョウロで苗処理をし、本田に定植すると、全く食害を受けない!ジュリボ無処理では定植3日目頃からハイマダラノメイガが必ず発生していたが、それが全く発生しない。その後も、通常1週間から2週間毎に殺虫剤を散布する必要があったが、ジュリボ処理区では、10月初旬までの高温期では定植後20日間、10月中旬以降は定植1ヶ月は全く殺虫剤の散布をしなくても、あの忌々しいハスモンヨトウの食害を全く受けなかった!これはまさしく、害虫防除の革命児!すばらしい!(兵庫県 栽培作物:はくさい)

・いままで定植後の農薬散布に気をつかっていましたが今回ジュリボを使用し3週間全く被害はありません。粒剤にくらべトレーの汚れもきにならずとてもつかいやすかったです。(愛知県 栽培作物:キャベツ)

・現在、定植後22日経過しています。本当に食害が全くありません。すごい効果ですね。(茨城県 栽培作物:レタス)

・無処理区では多数の害虫による被害に遭いましたが、処理区はまったく無害でした。この時期ですので、害虫(成虫)が卵を産みに来ているのは確認できましたが、害虫(幼虫など)による加害痕は見られませんでした。1ヶ月経過後もBT剤の定期散布で十分に間にあっており、薬剤散布の省力化と収穫率の向上・安定化に対する効果は抜群だと思います。(広島県)

・初めは信じられなっかたですが、日が経つにつれてキャベツの天敵コナガが見られない、えっ!ホントに!今年の夏、異常な程の暑さ 暑さの為に剥けるサイクルが減ったのか?とも考えましたが、否、ちがうジュリボが効いているのだと思うようになりました。ジュリボのお陰で農薬の散布回数が2~3回、確実に減らすことができて本当に助かりました。来年からはレタスにも使って行きたいと思っています。(長野県 栽培作物:キャベツ)

・生育初期の害虫発生が他の農薬と同等かそれ以上の効果を感じました。また粒剤の散布と違い、苗への付着やそれによる苗の汚れ、セル苗定植時に使うカラス口への粒剤付着もなく使い勝手が良かったです。(北海道 栽培作物:キャベツ)

・キャベツ、ハクサイに使用。今年は、ハイマダラノメイガが多かったが、ジュリボを使用したキャベツ、ハクサイに被害がありませんでした。(東京都 栽培作物:キャベツ、ハクサイ)

・キヤベツとハクサイに使用しました。コナガやヨトウムシ、ネギアザミウマ、アブラムシ類まで効きました。他社の粒剤よりも断然ききます長もちます。(東京都 栽培作物:キャベツ、ハクサイ)

・21日間農薬散布を行わなかったがすばらしい程効果があった。その後、新たにジュリボを購入し白菜栽培をしていたが、それ以降も効果があった。これからも使用していきたい。(北海道 栽培作物:ハクサイ)

・今まで定植1週間で防虫の薬剤散布をしていましたが、今秋は3週間たちますが、行っていません。結果は確かですネ!(茨城県 栽培作物:レタス、キャベツ)

・今夏は気温が高く、虫の発生も多かった中、その成果は目に見えていました。来シーズンはレギュラーに登録します。(北海道 栽培作物:キャベツ)

製品の特長

ジュリボ(R)フロアブルの優れた特長 上手な使い方(苗シャワー※処理)
キャベツでの上手な使い方 はくさいでの上手な使い方
レタスでの上手な使い方 比較試験結果
上手な使い方ムービー 作用メカニズム
成分・性状、安全性 サンプルモニター体験レポート
ページの先頭へ戻る