タッチダウンiQ

®はシンジェンタ社の登録商標


タッチダウンiQ

製品の特長

国内初!カリウム塩のグリホサート剤 環境へのやさしさにも配慮
独自の界面活性剤(拡展+浸透)を採用 上手な使い方
枯れ始めが「速い」、抑草期間が「長い」 散布方法動画
スギナをはじめ、難防除雑草に優れた効果を発揮 「プリグロックスL」「タッチダウンiQ」優秀な除草タッグ

独自の界面活性剤(拡展+浸透)を採用

独自の界面活性剤がグリホサートの拡展・浸透を促進。

タッチダウンiQの界面活性剤は、「拡展タイプ」と「浸透タイプ」の2種類を絶妙なバランスでブレンド。 「拡展タイプ」は、有効成分の濡れ性を高めることで、雑草の葉表面における接触面積を拡大。「浸透タイプ」は、葉内部への有効成分のすばやい浸透を促進します。


拡展タイプ(サッと広がる) 浸透タイプ(スッとしみ込む)
拡展タイプ(サッと広がる) 浸透タイプ(スッとしみ込む)

「拡展タイプ」界面活性剤の濡れ性効果で、雑草の葉表面に有効成分がサッと拡展、しっかり付着。有効成分の吸収される面積を拡大。

「浸透タイプ」界面活性剤のしみ込む効果で、有効成分が葉の内部へすばやく浸透。さらに植物体内への移行を促進。


スピーディ&確実な吸収を促進する、独自の界面活性剤

■葉面上での拡展性


葉面上での拡展性

試験方法 100倍液に希釈した薬液を0.25μl滴下。
00年 シンジェンタ社 中央研究所
  葉面上での拡展性

散布日:7月27日 100倍散布
調査日:8月27日(31日後)
04年 シンジェンタ社 長野県現地試験

■雑草への活性成分取り込み量について


雑草への活性成分取り込み量について

   界面活性剤無加用
   iQノニオン系界面活性剤のみ
   iQカチオン系界面活性剤のみ
   iQノニオン系+カチオン系界面活性剤

 


>> タッチダウンiQのラベル情報はこちら


製品の特長

国内初!カリウム塩のグリホサート剤 環境へのやさしさにも配慮
独自の界面活性剤(拡展+浸透)を採用 上手な使い方
枯れ始めが「速い」、抑草期間が「長い」 散布方法動画
スギナをはじめ、難防除雑草に優れた効果を発揮 「プリグロックスL」「タッチダウンiQ」優秀な除草タッグ
ページの先頭へ戻る