タッチダウンiQ

®はシンジェンタ社の登録商標


タッチダウンiQ

製品の特長

国内初!カリウム塩のグリホサート剤 環境へのやさしさにも配慮
独自の界面活性剤(拡展+浸透)を採用 上手な使い方
枯れ始めが「速い」、抑草期間が「長い」 散布方法動画
スギナをはじめ、難防除雑草に優れた効果を発揮 「プリグロックスL」「タッチダウンiQ」優秀な除草タッグ

上手な使い方

上手な使い方

■効果的な散布濃度


圃場に優先している雑草の種類にあわせて散布濃度を使い分けることで、無駄なく確実に除草作業が行えます。


雑草の種類 希釈倍数(倍) 使用液量(L)/10a
小型一年生雑草 200 50
大型一年生雑草、多年生雑草 100 50
難防除多年生雑草 50 50
スギナ 25 50

■効果的な散布水量


一般的には、雑草が密生した条件でも、10a当り最大で100L程度の希釈液しか茎葉部に付着できず、通常の条件では約30%が 土壌に落ちて無駄になることが報告されています。
浸透性に優れたタッチダウンiQでは、散布液が泡状になる「キリナシノズル」を用いることで、50L散布 でも十分な除草効果が期待できます。
写真
キリナシノズルを用いれば、細かいミストの飛散を防止。50L散布を励行することで、低圧散布により飛散を軽減することができます。 キリナシノズルには、人力用ノズル(100・50・25L)、動力用ノズルがあります。

>> タッチダウンiQのラベル情報はこちら


製品の特長

国内初!カリウム塩のグリホサート剤 環境へのやさしさにも配慮
独自の界面活性剤(拡展+浸透)を採用 上手な使い方
枯れ始めが「速い」、抑草期間が「長い」 散布方法動画
スギナをはじめ、難防除雑草に優れた効果を発揮 「プリグロックスL」「タッチダウンiQ」優秀な除草タッグ
ページの先頭へ戻る