タッチダウンiQ

®はシンジェンタ社の登録商標


タッチダウンiQ

製品の特長

国内初!カリウム塩のグリホサート剤 環境へのやさしさにも配慮
独自の界面活性剤(拡展+浸透)を採用 上手な使い方
枯れ始めが「速い」、抑草期間が「長い」 散布方法動画
スギナをはじめ、難防除雑草に優れた効果を発揮 「プリグロックスL」「タッチダウンiQ」優秀な除草タッグ

 

「プリグロックスL」、「タッチダウンiQ」優秀な除草タッグ

 

上手な使い方
各種難防除雑草と非選択性除草による防除提案

タッチダウンiQ & プリグロックスL
上手な使い方
各種難防除雑草と非選択性除草による防除提案
スピード除草の「プリグロックスL」
持久力の「タッチダウンiQ」
↓パワフルコンビなら↓
タッチダウンiQ & プリグロックスLでできる除草の特徴
プリグロックスL1(1000mL/10アール)+タッチダウン*(500mL/10アール)の体系防除

*グリホサートトリメシウム塩…38.0 %

プリグロックスL1(1000mL/10アール)+タッチダウン*(500mL/10アール)の体系防除

平成9~11年 茨城大学農学部

処理
処理
考案
メヒシバ、イヌムギがわずかに残草するのみ。
タッチダウン(500mL/10アール)の連用 プリグロックスL(1000mL/10アール)の連用 機械(刈取り)除草
タッチダウン(500mL/10アール)の連用

平成9~11年 茨城大学農学部

プリグロックスL(1000mL/10アール)の連用

平成9~11年 茨城大学農学部

機械(刈取り)除草

平成9~11年 茨城大学農学部

処理
処理
処理
考案

メマツヨイグサ、エノキグサ、スギナなどが優占してしまう。

考案

アレチノギク類、ヒメジョオン類が優占化する。

考案

ヒメジョオン類、メヒシバ、イヌムギなどが優占する。

※どの試験区も平成11年の7月中旬に1回機械(刈取り)除草を行い、最終薬剤散布から約2ヵ月後の平成11年10月19日に調査いたしました。

>> タッチダウンiQのラベル情報はこちら

上手な使い方
各種難防除雑草と非選択性除草による防除提案

製品の特長

国内初!カリウム塩のグリホサート剤 環境へのやさしさにも配慮
独自の界面活性剤(拡展+浸透)を採用 上手な使い方
枯れ始めが「速い」、抑草期間が「長い」 散布方法動画
スギナをはじめ、難防除雑草に優れた効果を発揮 「プリグロックスL」「タッチダウンiQ」優秀な除草タッグ
ページの先頭へ戻る
クッキー削除