「産地で聞いた!」イイ話

生産量日本一の「かぶせ茶」をペットボトル飲料などを通じて消費者にPR

2015年12月17日掲載

株式会社 水沢かぶせ会の原 誠社長(左)とJAみえきた 四日市グリーンセンターの辻 徹也係長(右)
株式会社 水沢かぶせ会の原 誠社長(左)と
JAみえきた 四日市グリーンセンターの辻 徹也係長(右)

三重県は全国3位のお茶生産県。中でも「水沢(すいざわ)」地区はその中心地で、栽培面積およそ500ha、荒茶2000tを出荷しています。三重県北部の北勢地域は、まろやかな飲み口の「かぶせ茶」が主流で、かぶせ茶生産量日本一の産地です。
JAみえきた 四日市グリーンセンターの辻 徹也係長と株式会社 水沢かぶせ会の原 誠社長にお話を伺いました。

生産量日本一の「かぶせ茶」について教えていただけますか。

辻係長

三重県内で生産されたお茶はひとくくりに「伊勢茶」と呼んでいますが、南勢地域では「深蒸し煎茶」、北勢地域では「かぶせ茶」が主流ですね。かぶせ茶は、新芽の時期にネットで茶樹を覆って遮光することで、茶葉の旨味成分テアニンが日光によって渋み成分カテキンに変化するのを防ぎ、渋みを抑えたまろやかな味に仕上げます。甘みがあって、お茶を入れた時の色が濃緑色であることがかぶせ茶の大きな特長です。
すいざわは、鈴鹿山麓の扇状地に広がる平坦地で、排水性の良い礫質土壌が中心。管内の9割以上がかぶせ茶を生産しています。

「かぶせ茶」の栽培ポイントについてはいかがでしょうか。

原社長

かぶせ茶は14日間ネットで遮光しますが、やはり遮光ネットをかぶせるタイミングが大事ですね。
一応の目安は1芯3葉なのですが、天候や茶芽の生育具合などによってベストなタイミングが変わってくる。それを見極める目を養うことが必要です。
当社では、自社茶園のほかにも27軒の協力生産者から茶葉を集荷しています。
茶葉の品質均一化を図るため、肥料や農薬の製品や散布時期を統一したり、定期的にあぜ道講習会を開いてネット被覆のタイミングに関する指導を行ったりしています。
被覆に使うネットは、遮光率が高すぎると茶樹の生育が弱り、低すぎると茶葉の甘みが引き出せないので、遮光率80%のネットに統一するなど、被覆に関するきめ細かい配慮も重要なポイントですね。

栽培に関するご苦労についてお聞かせください。

遮光ネットの被覆や取り外し作業は4~5人が一組になって行うので大変です。遮光ネットは、一番茶で5月10日ごろから14日間、二番茶は6月25日ごろから14日間、それぞれ被覆しますが、一番茶を収穫してから二番茶の被覆開始までの3週間の間に、病害虫防除、すそ刈り、芽出し肥の施肥など管理作業がびっしり詰まっています。
ネット被覆をしなければ、その分ラクになるのですが、摘採時期が静岡や鹿児島よりも遅いため、付加価値をつける意味でも重要な作業となります。

病害虫防除への取り組みについてはいかがですか。

病害では、炭疽病や新梢枯死症対策が重要です。また、害虫では、ハマキムシ類、チャノキイロアザミウマ、カンザワハダニなどが問題害虫ですね。
当社では以前からアファーム乳剤を使用していますが、ハマキムシ類の防除にはアファーム乳剤がベストの選択だと思います。チャノコカクモンハマキやチャハマキのように、葉をつづったり巻いたりして薬剤がかかりにくい害虫でも、アファーム乳剤は浸達性があるのでよく効くんです。速効性もありますしね。だから、弊社では切り札として使うようにしています。

◎アファーム乳剤の体験動画はこちら
http://www.syngenta.co.jp/cp/uploads/movie/locality_visit_columns/03/

「かぶせ茶」のペットボトル商品を発売されたそうですね。

JA管内産かぶせ茶の一番茶のみを使用したペットボトル飲料「かぶせ茶(500ml)」を昨年6月より、JAみえきた各支店およびJA直売所などで販売開始しました。この商品は、一番茶葉のみを1本あたり5gも使用するという、今までの商品になかったこだわりの緑茶飲料です。製造時の歩留まりはよくありませんが、かぶせ茶のPRにもなるので採算は重視していません。
「甘みがあって美味しい」と消費者の方から評価いただいており、発売以来29万本の出荷となりました。

今後の取り組みについてお聞かせください。

原社長

これからは高齢の生産者が現場をリタイヤするケースが増えるので、そうした方々の受け皿として、地域の役に立てるような法人をめざします。

辻係長

「すいざわのかぶせ茶」をもっと市場に浸透させていきたいですね。生産者の方々への営農指導やペットボトル飲料のPRに、さらなる努力を重ねていきたいと思います。

 

関連ページ

◎かぶせ茶ペットボトルのご購入、お問い合わせはJAみえきた 生活部まで
 TEL 059-354-8856

関連製品

◎チャノコカクモンハマキ、チャハマキなど重要害虫を速効防除「殺虫剤 アファーム乳剤

ページの先頭へ戻る